青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

終了 








今朝、ふとこのブログを更新するのをやめることにしました。
これまでは、写真中心のaosuzume's photosと、日常の雑感的な呟きとしてのこのブログ、という風にしていたけれど、
特にもう分ける必要もないし、なんか自分のなかでは古い感じがしてきたためです。
これまで、このブログをご覧いただいた稀有な皆様、読んでいただきありがとうございました。
このブログは自身の足跡として記念に残しますが、もう更新することはないと思います。
写真ブログのaosuzume's photosは引き続き継続すると思いますので、お口に合うようでしたら、ご覧ください。
どうもありがとうございました。





スポンサーサイト
trackback: -- | 本文: 2 | edit

楽しい時代 





開いた時代




なんだか知らぬ間に凄い時代になってたのですね。。
いつも決まりきったコンテンツしか見てなかったので気づかなかったのだが。。

PDFの書籍やら写真集などのデジタルコンテンツを
個人が簡単にダウンロード販売できるサイトがざっと調べただけでもこんなにある。。

■DLマーケット(販売者用)
http://www.dlmarket.jp/consignors/

■デジマーケット
http://www.digimarket.jp/

■パブー
http://p.booklog.jp/

■easypay(イージーペイ)
https://easypay.jp/


そんで、デジタルコンテンツだけでなく、手作りモノとかも販売できるサイトもあるんだね~。。
これもほんの数分検索してみつけたもの。

■minne(ミンネ)
https://minne.com/

■スタイルストア マーケット
http://stylestore.jp/market/

■TSUCURU
https://tsucuru.com/


要は、ごく普通のネットに関する知識さえあれば
誰でも著作物やモノを販売できるってことなんだね。


今日の驚きでした。。

え?
今頃知ったのかって?
かなり遅れてるって?

はい。のとおりっす。
もっと新しい仕組みなどあったらぜひオセーテオセーテ

楽しい時代になったにゃー。。






trackback: -- | 本文: 0 | edit

プロフェッショナル 








いやー、花粉がきっつい時節になりましたねぇ。。もうぐっそんぐっそんです。。

前にもこのブログで玉置浩二さんの歌を取り上げたけれど
あれから「メロディー」を何度かカラオケで歌い、時たま鼻歌で歌い。
なんとかこの歌を自分なりにマスターしたいなぁと思いながら、なかなか思い通りに歌えなくて
チャレンジ魂がふつふつしてます。嘘です。
森山直太郎さんの歌もいいですね。あー、確かに森山ワールドだなぁと。素晴らしい。

芸を見るのって好きです。
ただそこにアーティストがぽつんと立っていて、そこで声を出し何かを表現するだけなのに
空気が一変する様がとても興味深い。

プロフェッショナル。
細部にわたり隅々まで破たんなく透徹している何か。
歌だけでなく、お笑いでも、モノマネでも、写真でも、製品でもそれがなんであろうと
極微全方位に透徹している何か。

それを感じさせるのがプロフェッショナルだと感じる。

いっこく堂さんも、すごい。1:30あたりから。






このような表現に触れられること、感じられること
それだけで、生きててよかったなーと心底思う。






thread: にちじょー | janre:  |  trackback: -- | 本文: 0 | edit

清陽軒監修 





IMG_20141102_155000.jpg


このカップラーメン、旨い。

セブンで購入。

「久留米ラーメン 清陽軒監修」
良く知らないが、清陽軒ってそんなに有名なお店なのかな。

一風堂のカップラーメンも旨いと感じたが、僕的にはこっちのほうが好み。
90秒で出来ちゃうのもいい。
スープもすっきりしていつつ、品良く濃厚みたいな。
これはオススメだ。

ところで「味のマルタイ」ってあまり聞いたことないな。
実はたくさん出してるのかな。
調べてみよう。

<追記>
調べてみた。
味のマルタイって福岡のメーカーさんなんだね。
「棒ラーメンのトップメーカー」とのこと。
うう、「棒ラーメン」って知らなかったんですが。。
ネットではなかなか評判みたいだね。
つーかこれスーパーで売ってるのかな?



trackback: -- | 本文: 1 | edit

A2-B-C 







上映スケジュール

福島の子供たちのことは震災以来ずっと気になっていた。のかもしれない。
気になっていたけれど、正直僕には痛すぎて、意識的にも無意識的にも情報を避けてきたと思う。
でも、やはり気になるのだから、痛くても、ちゃんと事実に向き合いたいなと、感じた次第。
上映スケジュールをみると、僕がいけそうなのは茅ケ崎で10/24(金)に上映されるもの。
まだまだだなぁ。。



この監督の撮影スタンスには、とても共鳴するところがある。

今後、僕なりに福島の状況に関する情報を集めると思うけれど、
もし有用な情報ソースなど知ってる方がいましたら、教えていただけますとありがたいです。





trackback: -- | 本文: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。