青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

コラボ 







子供音楽教室をやっている連れが、生徒さんと一緒に演奏した曲に
僕の写真を組み合わせて作ったムービー。
生徒さんがグラスハープ、連れがピアノ。
教室に来る子供たちは、みんなグラスハープが大好きみたいだね。
僕も以前、連れの家でグラスハープをやってみたのだが、これなかなか音が鳴らない。。
20分くらいしてようやっと「フっ...」とか鳴った程度(笑
連れ曰く、子供たちはすぐに鳴るけど、親や大人たちは音が出るまでかなり時間がかかるそうだ。
「心が澄んでる人はすぐに音が響くのよねー」と連れが言ったかどうか覚えてないけど
「えーどーせ濁りまくったオヤジアブラ漬けのハートですが何か?」と返したかどうかも覚えてない。

たしかクリスタルボールだったかな。それと似たような高周波の響き。
デジタル録音した時点でだいぶ倍音がカットされてしまうようで
実際の気持ちの良い音が再現できてないのが残念だけど。。
グラスハープの音は、鳴り始めると空間全体がピーンと響きわたるような不思議な感じ。
響きの湯船につかるような感じかな。肩こりとかに効きそうだ(笑





スポンサーサイト
thread: 音楽を楽しもう! | janre: 音楽 |  trackback: -- | 本文: 0 | edit

むくのはね 









以前の記事で玉置浩二さんのyoutubeをUPしたころ
関連の動画で、キンキキッズの番組の中で玉置さんが即興で曲を作っているのを見た。これ(4:30あたりから)

せつなくていいメロディーだなーと感じてたのだけど
その後ちゃんと曲にまとめてお披露目してたんだね。
「むくのはね」というタイトルになってたんだね。
でもこの曲はパワフルな玉置さんが歌うよりも、もうちょっと静的な歌声の方があうような気もするな。

せつない感じってなんなんだろう。
底辺でずっと湧き続けている感じ。



thread: 音楽 | janre: 音楽 |  trackback: -- | 本文: 0 | edit

好きなピアノソロ 








学生時代にバンドでドラムをやっていたころ、キーボードの友人がよく練習の合間に弾いていた曲。
何度も聴いているうちに僕も好きになってしまった曲^^

とにかくこの曲、というよりもまさにこのアルバムでのこの曲の故ケニー・カークランドのピアノソロが圧巻(4:26あたりから)。
この時のドラムがオマー・ハキムというこれまた怪物のような突き抜けたグル―ブを放っていることもあり
何度聴いても脳みその隅々までお掃除してくれるような気持ちよさに溢れたピアノソロ。
斬新過ぎるジャスとかはあまり共鳴しないのだけれど、この手のポップな曲に空間を縦横無尽に流れるような旋律が絡むととても気持ちがいい。





trackback: -- | 本文: 0 | edit

玉置浩二さん 





シンガー、というかアーティスト玉置浩二さん。
僕はソウル、ジャズ系の洋楽中心で、日本のポップスで聴いたのは山下達郎さんや吉田美奈子さんなど、ごくごく一部の方で、
他の方々はほとんど聴いたことがなかった。

で、なぜか偶然に視聴した玉置浩二さんの響きがとても心地よくて、ここ数日ずっと聴いている。
蝶野とASKAを足して2で割ったような様相だけれど
なんというか身心全体にすっと浸透してくるような深くて繊細な響きがいい。
添加物の入ってない手作りの料理を食べている時のような。

最近 音楽っていいなぁと アラタマッテのシミジミモード。

玉置氏曰く 「 大切なものは見失う。大切じゃないものは見失わない。 」

うーむ。
ほんとやねー。

thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: 0 | edit

ドラマー 








もうドラムをプレイしなくなってから20年以上経っていて
ずーっと音楽も聴いてなかったのだけれど、ここのところなぜだかめちゃYoutubeで視聴してるな。。

上の3人のドラマーは、ステージの向かって左から順にヴィニー・カリウタ、スティーヴ・ガッド、 デイブ・ウェックル。
当時は世界的にも有名なドラマーで(今でもだろうけど)僕がドラムをやっていたころは憧れの人たちだった。

3人ともとても素晴らしいドラマーなのだけれど、こうして3人を比較してしまうと
スティーブガット(真中の髭もじゃの小柄なおじさん)の凄味が浮き彫りになるなー。。
1音1音の雑味の無さとパワー、間の活かし方が突き抜けてる。リズムは手数だけではないことを全精力で表現している。
やっぱりこのおっさんタダものじゃない(笑

そーいえば、高校の頃に渡辺貞夫のコンサートを観に行ったとき、演奏終了後に会場からホテルにもどる途中のスティーブガットに会って握手を求めたのだけれど完全に無視されて悲しかった記憶がよみがえってきた(笑
でもそのあと偶然にも渡辺貞夫とリチャードティーが乗ったタクシーに出くわしたので握手を求めたら、超フレンドリーに握手してくれたっけ。

なぜだか最近は昔の記憶がどんどん湧いてくる回想モード。
もうすぐ僕は逝っちゃうのだろうか(爆





trackback: -- | 本文: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。