青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

 

P6280281.jpg
OLYMPUS XZ-1

そそられる階段。。

P6280270.jpg
そそられる壁。。
P6280290.jpg
そそられる錆メタル。。

P6280287.jpg
そそられる超開放的なブレーカー。。
つーか、誰かがいたずらで落としたらどうするのか。。と。。
それともオブジェか??
次から次へと疑問が湧いてくる。。

OLYMPUS XZ-1

スポンサーサイト
thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

 


OLYMPUS XZ-1


最近、道端でよく見る綺麗な花です。。

名前はどんなんかな。。




thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

 


OLYMPUS XZ-1


お酒ではなくて、ただの水です。。







thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

 


OLYMPUS XZ-1


あまりみたことない赤い花。。

木に生えてました。。




thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

 

P6270244.jpg
OLYMPUS XZ-1


久々に動物撮り。。

ウマの肢体というのは、

なんか、ぐぐぐっと、

してますなぁ~。





thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

 


P6260211.jpg
ORYMPUS XZ-1


上の花を撮っていたら、
下のトカゲくんがちょろっと出てきてちょっとだけ日向ぼっこしてましたのでパチリ。
そして、すすっと草の陰に戻っていきました。。





thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

OLYMPUS PEN S2.8 本命登場  

P6260224.jpg
OLYMPUS XZ-1


とうとう本命のカメラが手元に到着しました^^
とてもうれしい。。
僕が生まれる前、約50年前に製造されていたハーフサイズのフルマニュアル目測式カメラです。
写真では大きく写っていますが、なんとコンデジXZ-1よりも小ぶりです。
(背はタバコよりも低いんですよ)

なんだかんだの紆余曲折を経て
今、手元にある機材は、このPEN S2.8とコンデジXZ-1の2台のみです(笑
黒のフィルムカメラ1台と白いコンデジ1台という、
かつてない超シンプル軽量な黒白システムとあいなりましたー(システムというのかぁ?)

今日はちょっと忙しいので、あらためてこのカメラや作例について書きたいな、と。
まずは取り急ぎ。。




thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

どうでもよい話 

カメラやレンズの評価するときって、シャープかどうか、解像力があるかどうか、色ノリが良いかどうかという切り口で語られることが多いですね。

確かに、はっきりくっきり鮮やか、というのが良い画だ、と評するのはわかりやすいし、確かに基本だとは思うけれど。

でも、どうもそれでは粗すぎるというか、なんというか。
レンズやカメラの持つ「風合い」の部分を表現するにはどうも適当ではない。。

しかし「風合い」というのは、なんとも言葉にならない部分なので、言葉ではっきりと表現するのは困難。。

なので、こんなのはどうだろうか?

食べ物に例えたら○○とか。。(味わいという意味で。。)
僕がこれまで使ってきた機材のメーカー(SIGMA、SONY(MINOLTA)、NIKON、TAMRON、COSINA、OLYMPUS)の
描写の特長を「食べ物」に例えたらどうなるか。。

■SIGMA:氷水(こおりみず) → 透明感はあるが、味が薄く冷たく硬すぎる感じ。

■SONY(MINOLTA):トマトスープ → 色鮮やかで味も良いが深みが足りない。

■Nikon:老舗料亭のしょうゆダシの煮物 → バランス良く質の高い味わいだが、どこか古風な感じ。

■TAMRON:ケーキ → 発色鮮やで目を引くが、根っこがゆるいというか甘い。

■COSINA:チキンスープ → 少し地味だが、キレが良くダシもよく出ていて飽きがこない。

■OLYMPUS:アサリの澄まし汁 → 地味だけれどクリアーで、ほんのりとした滋味ゆたかな旨み。

テキトーに書いてみたけど、これで風合いのニュアンスが伝わるとは思えないな。。(笑
それぞれのメーカーのファンの方に叱られそう。。
カメラ歴が浅い初心者のたわごとですから。

どうでもよい話でした。。


thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

 

P6250201.jpg
ORIMPUS XZ-1

赤い花って、デジ一で撮っても、けっこう赤が潰れ気味になってしまい難しい被写体なのだけど、
このカメラはいままで使ってきた機材の中で最も自然に赤が出てる気がするなー。

P6250196.jpg
P6230163.jpg
ORIMPUS XZ-1


XZ-1の普通撮り。。
このカメラの出す画。
やっぱり好みだなー。。

無理してシャープさを出す方向ではなく
色の階調性を繊細に出す方向でチューニングされていると感じる。
なので画がベタっとせず、
間(ま)が感じられる。

ちなみにこのカメラのセンサーの規格は1/1.63型。
面積で言えば、なんとAPS-Cサイズの約7分の1くらいの小ささなのです。

このサイズのセンサーでここまで雰囲気を出せるのであれば
これよりもセンサーの大きいマイクロフォーサーズシリーズは
どんな感じなんだろうと、思ってしまうなー。。
OM-Dとか。。

技術の進化ってすごいなー。

でも僕的には、
このカメラの画質で十分ですな^^

<追記>
このカメラの噂をググってみたら、描写が良いのは、
そもそも付いているレンズが良いから、という情報が多いな。。
抜けが良くて繊細な感じがZUKIKOレンズの特長だとすれば、
ZUIKOけっこう良いかもね~^^

thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

 


OLYMPUS XZ-1


いまどきのデジカメはすごいね。
まるで粒子の粗いモノクロ写真のように仕上げるメニューが
デフォルトで付いてる。。

いいんだか、よくないんだか。。

P6230157.jpg
P6230156.jpg
P6230154.jpg
P6230152.jpg
OLYMPUS XZ-1


thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。