青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

 







Kyocera WX04K(DIGNO)


一般的には、春は暖かで柔らかなイメージがあるけれど
それはカリソメノ姿。。

その正体は「春一番」のような激しさで
古いものを一気に破壊する猛烈な季節だったりする。。




スポンサーサイト
thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: 0 | edit

FUJIFILM X 







Kyocera WX04K(DIGNO)



最近、フジフイルムのXシリーズのカメラとレンズが気になりだしてきた。。

これまでフジフイルムのデジタルカメラは、過去に1度だけコンデジを使ったことがあったのみ。
(フィルムカメラの「FUJICA ST801」はすごく気に入って使っていたけれど)
当時は、フジフイルム独特の色味にちょっとなじめなくて、コンデジ以上の機種を使ってみようとは思わなかったのだが。。

ここ最近のフジフイルムのデジカメの描写を見てみると。。
いやー、とってもイイんでないの? 特にモノクロの出来が素晴らしい!!
これってやっぱり色の階調が豊かで滑らかだからだよねーっと。

僕はどちらかといえば、硬調よりも軟調の画の方が好みなので、だからキャノンをメインに使っているのだけれど。
フジフイルムもどっちかといえば軟調なんだよね。
ニコンやペンタックス、オリンパス、ソニーあたりは僕的には硬調に感じるのデス。

でもレンズは硬調のほうが好きかな。
シャープなレンズで拾った光を軟調かつアンダー気味にまとめるのが好きですね。
(あ、ここ最近このブログにあげてる写真は全部スマホカメラでとったお遊び写真なので例外です)



thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: 0 | edit

 






Kyocera WX04K(DIGNO)


写真って不思議です。

日常目にしているいつもの風景を
部分的に切り出してPCでアップしたとたんに
日常とは違った趣(おもむき)が出てくる。

切り出すことでちゃんと見つめるから
本来の趣に気づくということもある

また、全体から部分として切り出すことで
特殊性を帯びるということもあるかな。

部分で切り出しているわけだから
その時点で既に非日常になっているともいえる。


thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

最近のSIGMAさん、ス・テ・キ 






SIGMAさんの商品紹介ページはこちら


いやー、最近のSIGMAさん。一皮むけたというか別の次元に入ったというか。。
とっても素敵っす。
このカメラ、今は亡き僕がはじめて手にしたカメラの進化版のようで
直感ではずえーったい素晴らしい画が出てくること間違いなし。

レンズも「ART LINE」のDGシリーズは、いま出ているものもこれから出てくるものも
全部手元に持っておきたいくらい。。

SIGMAさんに何が起こったのか知らないけれど、劇的な変化が起きてるのは間違いない。。
しかも僕好みのベクトルで。

期待しちゃうな―^^

ホームページも素敵なんだよね。。
SIGMA OFFICIAL WEBSITE



thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

ベンチ 






Kyocera WX04K(DIGNO)

ベンチというのは「長腰かけ」という意味のほかに
「選手席」という意味もあるのだね。
ともかく休息する場、ということかな。

しかしこのレンズの歪み
ちょっとありえないんですけど。。


thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

 






20140221coffe.jpg
Kyocera WX04K(DIGNO)





Kyocera WX04K(DIGNO)


まだまだ寒いなぁ。

寒すぎて寝起きにフラついてしまうくらい。


しかし不思議なのは

どんな寒い夜でも

寝相の悪さは変わらずで

布団をがばっと脇によけてしまい

あまりの寒さに目を覚ますという

お間抜けを繰り返していること。。


thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

エネルギー 






Kyocera WX04K(DIGNO)


全体的に

顕在も潜在も関係なしに

これまで固着していたエネルギーが

無差別にゆさぶられ

解体・消散させられるような

大きなうねりが起きているような。。




thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

鉄壁 






Kyocera WX04K(DIGNO)


地肌むき出しの鉄板とオレンジの鉄柵。

説明かっ。



thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

現象 






Kyocera WX04K(DIGNO)


変化する現象は「みかけ」で
変化しない「気づき」のみが実在であり、それそのものであれ、という教えってけっこうメジャーなのかな。
それは無理があると思うよ。
その2つとも概念だもの。

「みかけ」と「気づき」というラベルをとっぱらったらどうなる?




trackback: -- | 本文: -- | edit

チャーシュー丼 






Kyocera WX04K(DIGNO)


白髪ネギと言うらしいが。これ好きだなぁ。
ラーメンに白髪ネギがてんこ盛りだったりすると、高揚する。

口の中に多めにほおばって、わしわしと噛むわけですが
鼻から抜けるつーんとした香りと
一生懸命噛んでるのにまるで空気を噛んでいるようかのような肩すかし感と
なかなかクタクタにならないネギの反発力に、妙~な生命力を感じる。

歯に挟まりやすいけれど、豚の角煮に比べれば赤子のようなもの。
いつか自分でも切ってみようと思いながら何十年過ぎただろうか。。

って、ネギの話だけで終わりかよ。


thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。