青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

心配というラベルの恐怖 




「心配」というのは自己正当化されやすい。

相手を思いやっているから、とか、みんなのために、とか、やさしさからとか、もっともらしい言訳ができる。
ちなみに、ここで言っている心配というのは「過剰な心配」のことだ。
特に人間関係、とりわけ親しい関係でおこること。
親が子に対して起こりやすいことでもある。

過剰な心配というのは、実は相手を心配しているのではなく
恐怖の妄想に同化した状態のこと。
もちろん、その根っこには自然なレベルでの心配はあるのだが(それがややこしいところだが)
恐怖心によって、言い方を変えれば執着心によって
あれこれと起きてもいないことを次々と想像し、それに恐怖し、相手と自身をがんじがらめにしてしまうことだ。
実際のことではなく、妄想に恐怖しているこの状態を解消するため、自分の安堵を得るために
それを提供してくれている実際の相手を、自分を、環境をコントロールしようとすることだ。
そこにあるのは、自己中心性。
中心の目が恐怖だ。

この恐怖に同化した精神はすべてを固定に向かわせようとする。
中心の恐怖以外はすべて安堵を得るための手段、モノと化す世界だ。
恐怖は安堵を求めているわけだが、それとはうらはらに、相手を抑圧し、自分自身をも抑圧し、身動きを取れなくする。
恐怖のエネルギーはとても強く、大きな拘束、抑圧を生む。

現象は動く。自由に動こうとする。自発的に。
それは個人的に制御できるようなものではなく、恐怖のパワーよりもはるかに甚大であるから
恐怖によって一時的に身動きの取れない状態になっていても、その状態は必ず破壊される。遅かれ早かれ。
予期せぬ出来事で。そして大きなダメージを残す。

この恐怖というものは、なかなか自覚されにくい。というか、これに同化している時は全く自覚できない。
ただ兆候は出る。身体に。気分に。自他に。
疲労、目詰まり感、息苦しさ、傲慢さ、批判、人のせいにすること、興奮、停滞、キレやすさ、対立。
単純に、恐怖によってエネルギーが束縛されているために、動こうとするエネルギーが苦しむのだ。
それでも、恐怖に同化している時はなかなか気づけない。
その根本を見る前に、目先の快楽で一時的なごまかしをし続けるのも気づけない要因だと思う。
あるいは恐怖を理解するために何かから学んでいる、というその行為自体で恐怖の作動を隠している場合もあるだろう。
あるいは恐怖は幻想である、という呪文で幻惑し続けている場合もあるだろう。
あるいは恐怖する私はそもそも存在しないという呪文で幻惑し続けている場合もあるだろう。
あるいは、ひたすらに他者や社会のせいにすることで、恐怖を継続させている場合もあるだろう。
あるいは、愛を対象化し、それと一体化することで恐怖から逃れようとする行為自体が恐怖の働きそのものである場合もあるだろう。
いろいろあるだろう。
いわゆる逃避。
恐怖から逃避するための様々な行為である。

なぜこの恐怖が作動するのか。
親との関係もあるだろう、社会との関係もあるだろう、気質的なものもあるだろう、これと特定できるものはないだろう。
その原因を追及しても何もならないだろう。
唯一、この恐怖が停滞、不自由さ、破壊を生んでることだけが事実だ。
世界で起きている様々な紛争、歴史的になんども繰り返している対立、殺りく、支配、コントロール。
これは遠くのことではなくて、まさに「ここ」で、この身の中で起きていることでもある。
精神の混乱による自己防衛機能の誤作動、肥大化なのかもしれない。

破壊は弱いところで起こる。
無垢なところで起こる。
自他において。

それゆえに、というか、その痛烈な痛みで、やっと気づきはじめるのである。
そのくらい恐怖は精神を鈍感にし、気配を消し、粛々と作動するのである。

他者のことはわからない。
これはすべて僕自身の日常で起こった経験である。

備忘録として。
自分自身へ。



スポンサーサイト
thread: 心と身体 | janre: 心と身体 |  trackback: -- | 本文: 0 | edit

好きなピアノソロ 








学生時代にバンドでドラムをやっていたころ、キーボードの友人がよく練習の合間に弾いていた曲。
何度も聴いているうちに僕も好きになってしまった曲^^

とにかくこの曲、というよりもまさにこのアルバムでのこの曲の故ケニー・カークランドのピアノソロが圧巻(4:26あたりから)。
この時のドラムがオマー・ハキムというこれまた怪物のような突き抜けたグル―ブを放っていることもあり
何度聴いても脳みその隅々までお掃除してくれるような気持ちよさに溢れたピアノソロ。
斬新過ぎるジャスとかはあまり共鳴しないのだけれど、この手のポップな曲に空間を縦横無尽に流れるような旋律が絡むととても気持ちがいい。





trackback: -- | 本文: 0 | edit

はじまり・おわり 








仏教の言葉で「諸行無常」というのがある。
現象は固定されることなく常に変化し続ける、という意味だと理解している。
それと「諸法無我」というのもある。
現象している様々な個体には分離独立しているものなどなく、相互に関わりあいながら変化しながら運動していて
個々に自性はない、という意味だったと思う。
これは現象のありようをそのまま端的に表現しているうまい言葉だなぁと感じる。

始まりがあるのもは必ず終わる。
これをサイクルと表現すれば、現象とは無数のサイクルが重なりながら
生まれては消え生まれては消えと続いてゆくありよう。

だから今生じてる一瞬一瞬が大事だとか、今を生きるのだとか
そーゆー格言めいたことには全く関心はなくて
むしろ、人の思いや願いなどとは全く無関係に運動するこのダイナミックな現象の消滅のありよう、すごいエネルギーのありようは一体なんなんだろう、という単純な不思議さがとめどなく湧いてくる。

ひとつ言えるのは、何かを固定しようとすると、そこには大きな抵抗と苦痛と滞りが生じるということかな。
そりゃそうだよね。この途方もないエネルギーを固定することなどできないわけだから。
こと、人と人の関係に関しては顕著だ。
逆にいえば、常に新しい関係が生まれてくるとも言えるのかな。
関わる人が新たに生じてくる場合や、ある人間関係においての関わり方自体が変化する場合や、いろいろだね。
出会いと別れというのは、たいてい後になって、ふと、ああ、そういうことだったのかと気づくことが多い。
リアルタイムではほとんど意味不明。なんでこうなってるのだろうかと。無理して意味づけしても無駄。
後になってもさっぱりわからないものもあるが。



trackback: -- | 本文: 0 | edit

あこがれ 









キヤノンから新しいカメラが出た。
Canon EOS 7D markⅡ
カメラ好きなら、特にキヤノンユーザーにとっては待ちに待ったカメラだね^^
高速連射と高精度なAFと、露出制御。
動きもの撮りがメインの人にとって関心を持たないことのほうが無理なカメラ(笑
動きものをほとんど撮らない僕でもドキドキしてしまうのだから。

何にドキドキしてしまうのだろう?

それは、例えばほとんどロックに縁のない僕でも
CHARのギターの音にドキドキしてしまうような感じか。
清志朗の歌声にドキドキしてしまうような感じか。

まっすぐさ
妥協の無さ

このカメラにもつくり手のまっすぐさが感じられるからかな。

以前、店頭でこのカメラの1つ前のモデルEOS7Dを触ってみたことがあった。
とってもフィーリングがよかった。
握り、シャッター音、ファインダーの見え。
僕の撮影にはほとんど使うことのない高いスペックのカメラだけれど
そーゆー理屈を超えて「いいなぁ」と感じるカメラだった。

製品というのは、どうあっても作り手の響きがあらわれるね。
製品に限らず、音楽だって、言葉だって、仕事だって、組織だって。
当たり前と言えば当たり前だけど。

濁りのない響きはとても心地よい^^










trackback: -- | 本文: 0 | edit

未知なる空っぽ 





mm.jpg



物質の単位である原子の大きさは、1,000万分の1ミリだそうです。
定規の1ミリ目盛りの1,000万分の1ですよ。。途方もなく小さい。。

それで、原子と呼ばれるものは、中心に原子核があり、その周りを電子が周回しているらしいのですが
原子核の大きさは、原子の10万分の1だそうです。。つまり1兆分の1ミリっす(笑
電子の大きさは原子核よりもさらに小さいとか。。

例えば、直径千万分の1ミリの原子を、直径100メートルの球体として見た場合
その中心にある原子核の直径は1ミリに相当します。

ほら、100メートル走をするときのあの距離感です。それが直径のでっかいボールをイメージしてみて。
100メートルといったら高さで言えばマンションの約30階相当。
でっかいっしょ?
で、その真ん中に砂粒くらいの原子核があって、その直径100メートルの球面あたりを
砂粒よりもさらに小さい電子が周回してるという様相。

つまり原子というものは「ほぼ空っぽの空間」ということです。
我々が様々に知覚している物質というのは「ほぼ空っぽの球体らしきもの」から構成されているという不思議です。

あなたの目の前のPCやキーボード、そしてそれをたたいている指も手のひらも腕も
ずっとずっと拡大してみてみると、無色透明の空間なんです(笑

さらに、原子核は陽子、中性子という粒子で構成されていて
さらにさらに陽子や中性子は、素粒子というもっと小さいもので構成されていて。。

それで、その素粒子というのは物質とは違う振る舞いをする未知なものらしい。。
つまり物質ではないらしい。。


あなたの目の前の彼や彼女、そして互いに触れ合ったりしているその指も手のひらも腕も
ずっとずっと拡大してみてみると、未知なる振る舞いなんです(笑

ごく普通の日常として経験している身体やモノ、街、会社、自然などの現象。
その大元は、途方もなく小さく怪しい粒子が未知なる振る舞いをしている空っぽの空間。。

しかも、最近の科学の理論によれば
この「空間(スペース)」自体が実在していないという結論になるらしいですよ、と。

このわけのわからなさがとっても愉しい。。




thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: 2 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。