青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

透明化っ! 





IMG_0224-2.jpg





ついこのあいだ、ヨドバシの店員さんと愉しいカメラ談義をさせていただいた^^
やっぱりなんですね。ヨドバシの店員さんの半端じゃない商品知識は有名だけど、さらに輪をかけてすんごい店員さんもいるんだね。
いろいろ最近のカメラメーカーの傾向などを教えていただきましたよ。

その中で面白かった話を1つ。(面白くもなんともないかもだけど)
最近手もとに来たキヤノンのコンデジ「S120」の写真の上がりをみて「ずいぶん画作りが変わったなー」と感じたので、その辺を店員さんに聞いてみたら

『はい。おっしゃるとおりです!(キッパリ)
キヤノンさんに限らず、ニコンさんや他のメーカーさんもみな最近は画作りが変わってきています。
簡単にいえば“うす味”です。以前は“こってり系”が主流だったのですが、最近は“あっさり系”になってきました。
(天一かっと心の中でツッコミ)

“あっさり系”といっても、単に色が薄くなっているわけではないんです。
実は色の階調が豊かになっているのです。センサーや画像処理エンジンの技術がどんどん進化しているので、以前よりも実際の階調豊かな色を忠実に再現できているということなんです。
(ほほ-と心の中しきりに頷く)

例えば、これまでは「陰」などは黒くつぶれがちだったところが、より豊かな階調で表現できるため、全体的に明るめに見えるんです。なので“あっさり系”になるのです。
(はっはーと心の中しきりにハードコアライブクラスのヘッドバンキング)

キヤノンさんも画像処理エンジンDigic5からDigic6にアップデートされてだいぶ色味が変わりました。
(でしょーでしょーと心の中しきりにハードロックライブクラスのジャンピング)』

というわけだそうです。
抱腹絶倒ですねー(ちがうだろ)

で、たしかにそうなんですよね。最近の画作りは「透明感」が増している感じ。
そう、実際の色って透明感があるんですよね。目で見ているいまこのこれです。
これがどんどん見えている通りの画に近づいているんですね。全体的に。

カメラメーカーの画作りに限らず、ここのところ“こってり系”というのはどの分野でも古くなっている感じがしますね。
昭和的というかイケイケドンドン的というか。。
写真の色の階調がますます豊かになって、より繊細な方向に流れているのと一緒で
人々の感性もゴツゴツと明暗のはっきりした単純なコントラストから、より階調豊かで透明感のある繊細な方向に流れているような気がしますね。
最近の子供たちを見ていても、まさにそんな感じ。

ちなみにヨドバシのスーパーな店員さんは
お相撲さんのような体格の“こってり系オタク”でした。。(この落とし方もこってり系。。)




thread: にちじょー | janre:  |  trackback: -- | 本文: 2 | edit

コメント

おもしろい!

こんにちは。

カメラのことは何も知りませんが、すごく面白く読みました。

「最近の子供たち」のところは本当にそう思いました。
(デスメタル並みのヘッドバンギングをしながら)

そういうことを考えていると、取り残されていくような寂しさを感じたりもしますが、新しいもののために死んでいくのもひとつの美しさなのかなとも思います。(と、これも昭和的?)

ヒロ #JalddpaA | URL | 2015/01/26 08:34 * edit *

ヒロさん、コメントありがとうございます!
「デスメタル」はヒロさんのために空けておきました(笑 うそうそ。

最近の子供たちは、僕らの世代が勝手に決め付け親しんでいるところの「(昭和的な)子供らしさ」とはだいぶ違うというか、そんなところは軽々と越えてますねー。
むしろ熟年者のような示唆をふと漏らしてみたり、かと思えばとっても単純なことで愉しんでいたり、政治のニュースなどを見て「いつまでばかなこと続けるんだろーねー」とか、かなり魅力的で自由な方々です^^
進化してるなー、と感じること多々。

青雀 #/oCNv11s | URL | 2015/01/27 00:03 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。