青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

ジョーイ・ロットの本  



このブログにもリンクさせていただいている「resonanz360」のヒロさんから
なんと!ヒロさんが翻訳された発売前のジョーイ・ロット氏の本『これのこと』をいただいた。
ヒロさんありがとう!

が、しかーし
先月いただいたのだが、年度末の仕事が忙しく、まだ「流し」でしか読めてない。。
(ヒロさんごめんなさい。。)

仕事が落ち着いたら再度じっくり読みこんで感想を書きたいと思っている。
できれば発売開始となる4月10日までには。。

ジョーイ氏の文章は、以前からヒロさんのブログにたびたびアップされていて
僕的にはとても親近感というか距離がない感じで読めていたので、今回の本もほとんど違和感がない感じ。
ちょっと僕の感覚と似ているところがあるので余計にするっと読めてしまうのかもしれない。
まあ、感想はあらためて後日書きたいと思う。

以前、僕の連れがヒロさんのブログのジョーイの記事を読んで関心を示していたので
彼女にジョーイの本を渡したら、あっという間に読み終えたみたい(笑
それで先に感想を書いてもらったので、以下掲載。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

活字が苦手で、彼からクリシュナムルティーの本とか、いろいろ手渡されてきたけれど・・
読めた本って少ない。大抵は読んでいるうちに、言葉が入らなくなってしまったり・・
思考ってなんだっけ。観念って何だっけ。概念って何だっけ。
記憶って何だっけ。幻想と現実ってなんだっけ。
感覚ってなんだっけ。全部の言葉がわからなくなってきてそれ以上入らなくなる。

でもジョーイロットの本は読めてしまった。
食べ心地がいい。
あっさりテースト。
どこかほんのわずかえぐみがあるけれど。
でも気持ちがいい。
だから、本棚の一番見えるところに置いて
タイトルをいつも眺めていたいなと思わせるものがある。

「気持ちがいい」「軽い」「リラックス」

本・言葉はどうしても「頭の理解」の機能と密接なのに・・
「頭の理解」は幻想ということを頭に理解させるみたいな・・本の限界を思う。
頭に理解させるのじゃなく、食べられる本とか出ないかなーー
この本が食べられる本だったら
サクッとして。すっと消えて。食べたあと重くならず、いい感じになる。
一部飴っぽいところがあって、少し舐め溶かすところもある。
それもまたあとを引く。
という感じ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

という感じだそうです。。
感想になっているのかどうか、だけど。

本嫌いの彼女が、めずらしく「この本は後で読み直したくなる」と言っていた。
そうだよねー、と思う^^

僕もやっと明日以降少し落ち着けるので、じっくり読み直したいと思う。






thread: 心と身体 | janre: 心と身体 |  trackback: -- | 本文: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。