青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

ジョーイ・ロット氏の本『これのこと』 レビュー 




IMG_20150405_165855.jpg
これのこと(ブイツーソリューション) ジョーイ・ロット (著), 古閑 博丈 (翻訳)


読み終えました^^
遅くなりましたが。

アマゾンでは、当初4/10に発売開始だったのに、急遽今日4/5発売に早まっていたようで。
それでこの記事にリンクを貼るためにアマゾンにアクセスしたら、もう在庫がなくなっているもよう。。
すごい人気ですねー^^

えーと、実は困ってます。
というのは、なんというか著者のジョーイ氏の言わんとすることに関しては
まさにこのまんまの「これ」のことですが、基本的にどこもひっかかるところがないし、まさにその通りだし
「あれは雲だよね」「うん雲だね」でおしまい的な感じなので。
でも考えてみれば、ここまでストレートに理屈っぽくなくスッキリと表現できるのは
かなりの表現力なんだと。

それと本全体の構成。こっちが気になった。すばらしい。
「真理探求」と呼ばれるプロセスで陥りがちで、かつ勘違いしがちなポイント。
つまり「痛いところ」。
(どちらかというと探求者が痛みを自覚しているところではなく、自覚していないがゆえに見ていて痛いところ)
を見事に網羅していて、それを一刀両断みたいな(笑
ここがストレートな気持ちよさに繋がっているのかなと。

「探求」を愉しんでいる人には向かないかも。全否定に近いものがあるからね。
でも、「探求」それ自体の正体を顕にすることに関心のある向きにはこの上なく爽快な本だと思います。

それと、ジョーイ氏の経緯。そうとうな苦しみを経過してきたんだなーと。
僕はたぶん彼ほどの苦しみは経験してないので、彼の当時の状況を表面的にしか理解できてないと思う。
当時は大変だったね。今楽になって本当によかったね、っていう感覚が湧いてきた。
ありとあらゆる探求を心身が限界に達するまでみっちりと経過してきたからこそ生まれてくる言葉なのかなと。

イメージや知識を超えて直接ハートに響いてくる肉声のような文章。
表現というよりも響きそのもの。
ここはヒロさん翻訳だから、というところもかなり大きいと思う。

それで唐突だけれど、ジョーイ氏にメッセージを書いてみた。
まるでテレビでよく見るアメリカ人のような口調になっているのはご愛嬌。。

------------------------------------------------------

ヘイ、ジョーイ。
これは君にあてた本の感想だ。
大変だったな。
本当に大変な思いをしたんだな。
君の苦しみのことを思うと、涙が出てくるよ。
僕は君ほどに大変な思いはしちゃいないけど
君が様々に探求した経緯は、まるで自分のことを書かれてるのかと思うほどよくわかるし
その結果、君が気づいたこともよくわかる。

それにしても、君の切り口と表現は見事だ。
探究プロセスで皆が心底ひっかかっているポイントをよくもここまでピックアップして網羅したもんだ。
これは翻訳したヒロさんの力量もあるのかな?

しかしすばらしい表現者だな君は。尊敬する。
おそらく君は、君がかつてそうだったように探求で心身ともに疲弊している人々に向けて話しているのだと思う。
きっとこの本は心を打つと思うよ。
君の優しいエネルギーがかなりの破壊力でほとばしっている。

僕はもうこの手の本は読むことはないと思う。
そしてこの手の話もしなくなると思う。
終了。
君がここまではっきり言ってるのに、あと何が必要?
なにもない。

君がこれからもずっ~と君らしく生き生きと過ごせることを祈ってるよ。
ありがとう。

aosuzume

thread: にちじょー | janre:  |  trackback: -- | 本文: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。