青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

Nikkor-s Auto 50mm f1.4 グリスアップ 



Nikkor-s Auto 50mm f1.4 のヘリコイドのグリスが抜けてカサカサしていたので、グリスアップを試みました。

ちなみに今回は、7jrpiさんのブログ記事を参考にさせていただきました。
7jrpiさん、どうもありがとうございました。

まず、ピントリングについている飾りリングを回転させて外します。50-1.jpg

次にピントリングを固定している3つのマイナスネジを外します。
50-2.jpg

ピントリングをすっぽ抜きます。
50-3.jpg

ヘリコイドの隙間が現れますので、無水アルコールなどで汚れをふき取り、グリスを注入します。50-4.jpg

注入後にグリスをなじませるために、ヘリコイドをしばらく動かします。
そして分解と逆の手順でピントリングを装着すれば完了です。
50-5.jpg

ついでに、ヘリコイドの回転トルクにややムラがあったNikkor-o AUTO 35mm F2のほうもグリスアップしました。50-6.jpg

こちらも同じようにヘリコイドの隙間にグリスを注入し、ヘリコイドを回転させてなじませます。
50-7.jpg

やっぱりヘリコイドガ滑らかに動くと気持ちがいいですね。
50-8.jpg


使用したグリスは、ホームセンターなどで普通に売っている廉価なホワイトグリスです。
ネットで調べると、ヘリコイド用の高価なグリスや、田宮で出しているラジコン用のセラミックグリスなどを使う方が多いようですが、特に頻繁に高い負荷がかかる場所ではないので廉価なもので大丈夫だろうという判断です。
けれどニコンサービスからオーバーホールされて帰ってきたレンズのヘリコイドの回転感とくらべると、ホワイトグリスのほうは少し滑らかさに劣り重いような感じがしました。でも十分実用の範囲内と感じます。
このまましばらく使って様子を見てみます。
thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。