青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

Ai AF Zoom Nikkor 35-70mm F3.3-4.5(New) ~お気軽レンズは愉し~ 

2012041901.jpg
D40
Ai AF Zoom Nikkor 35-70mm F3.3-4.5(New)

ニコンにシフトしてから約ひと月と半分。
メイン機のD200を中心としたレンズシステムがほぼ決まりつつあります。
で、サブ機のD40は、思ったよりも使わない日々が続いてました。
なぜならば。
それはD40で気軽に持ち出せるくらい軽量で、簡単に撮影できるレンズがなかったからです。
(シグマの高倍率は重過ぎて普段撮りで持ち出す気になれなかった。。参照記事はこちら
もちろん手動で露出設定すれば手持ちのMFニッコール群を使えるわけですが、
何度か試してみて、勉強にはなるけどやっぱこれけっこう面倒だなーと(笑
で、お気軽レンズとして「Ai AF zoom Nikkor 35-70mm F3.3-4.5(New)」をポチりました。
落札価格弐千円以下と
価格もお気軽。。


20120419b2.jpg

1989年発売されたレンズなので23年前のレンズになりますね。私が使ってるレンズの中では若造のほうですね(笑
ズームなのに重さ260gでかなり軽い。
D40ともサイズ的な相性ばっちりです。
さながら“手のり一眼”。。
D40のつけっぱレンズ、決定です。

20120419b3.jpg

時代を感じさせるデザイン。文字が多め(笑
このレンズは当然ながらAFモーター非搭載。なのでD40ではマニュアルでのピントあわせになります。
一番よろしのはCPU搭載なのでカメラ側の自動露出が使えるので
イチイチ手動で露出設定をしなくて良い♪
これでじゅうぶんHAPPYですな。
で早速、テスト撮影。
ズーム倍率が2倍と無理してないので、解像感は良いですね。
でも思ったより絞り込まないとシャープにならないことがわかりました。
それとピントリングがAF特有のスカスカ回りなので、ピント合わせがちょっとしんどい。
けど、じきなれるでしょう。
この軽量セットであれば、普段撮りでもちょくちょく持ち出すかなー。
(つーかそれが元々のD40の購入目的だったのだ。。)


2012041902.jpg
2012041904.jpg
2012041903.jpg

最短撮影距離が、ズーム全域35センチと結構寄れるので、よろしい^^

2012041906.jpg
2012041907.jpg
2012041908.jpg
2012041909.jpg
2012041910.jpg
2012041911.jpg
2012041912.jpg

D40
Ai AF Zoom Nikkor 35-70mm F3.3-4.5(New)

このレンズ、十分使えます♪
thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。