青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

Lomo Smena Symbol  ロモ スメナ シンボル 




昨日、このカメラ「Lomo Smena Symbol」のテスト撮影フィルム1本まるまるダメにしてしまったため、
本日、再度テスト撮影。。

ネットで調べてみると、旧ソ連製のカメラは、個体ごとに製造精度が違っているようで、ピントがくるっているものも結構あるとのこと。。
要するに撮って現像してみるまで、正常かどうかがわからない。。
しかも目測式のフルマニュアルである。。

上の写真をみていただければわかるかと思うが、お天気の絵のあるリングがシャッタースピードの調整リングである。
その上の、人の絵が書いてあるところがピントリング(ヘリコイド)である。
真中の縦の白い線のところに、ピントリングに書かれている被写体までの距離を合わせることでピントを合焦させるのである。
なので、このレンズのピントが正常かどうかをチェックするには、キッチリとカメラから被写体までの距離を測って撮影しなければ判断がつかないということ。。

 
DSCN0930.jpg

つーことで、ダイソー。。
105円の金属製のメジャーを購入。
小雨降る中、近距離の被写体を撮影する時に、いちいちこれでカメラと被写体の距離をチェックするという、かなり面倒なことを、横浜の中心街で正々堂々とやってきましたですよ(爆

片手にメジャーを1mくらい伸ばしたものを持ち、
もう一方でカメラを構えてファインダーを覗いているわけですから。
しかも雨だったので、傘は首を斜めにかしげ肩で挟んでいるという。。
そりゃ通りを歩く人々にとっては、さぞかし怪しい光景だったと思われます。。。

DSCN0928.jpg


ちなみに、絞りはレンズの前面で調整します。
上の写真の真ん中のリングを回してセットします。
クリックがないので、F4~16までシームレスにセットできるので、微妙な調整をしたいときに良いかもです。
驚いたことに、円形絞りっす!しかも8枚羽根。。
ボディはプラの弁当箱のようでも、レンズはかなりまともな造りになってます。。
(なお、プラ素材は「ベークライト」という万年筆にも使われている素材のようで、プラの中でも耐熱、難燃に優れるもののようです。確かにちょっと普通のプラよりは重い感じです。)

なお、このカメラ、ISO感度は絞り値で決めるようになってます。
ISO100のフィルムをセットした場合、絞りは上の写真のようなF8~11の中間にくるようになっています。
同様にISO200をセットした場合、F11~16の中間となります。
要するに、絞りを固定し、シャッタースピードを変えることでシーン(天候)にあわせた露出を決める撮り方となっています。
これは確かに露出の原理を知らない人でも晴れている屋外であれば確実に写真が撮れる方法ですけれど、
ちょっと暗い所で撮影する場合、シャッタースピードを落とさないといけないので手振れリスクが高い。
それと、絞り開放付近での撮影ができないため、柔らかい描写の画が撮れないところが難点。。
これはどうも不自由だなーと。
ということで、天候による露出パターンを覚えますた。。

★ISO100の場合、晴れの日はF8とSS1/250(14EV)。
(恐るべきことに1/250がスメナシンボルの最高速のSS!)。

これを基準に、

●曇りや薄暗い場所では基準値から1~3段分受光量を増やす。
 (→スメナの場合、F4まで開けばSSを落とさなくとも2段分増やせますね。)

●室内の場合は基準値から6~7段分、受光量を増やす。
 (→スメナの場合これが無理っぽい。。F4まで開いても2段分。残り4段はSSを落とすしかないのだけど、
   4段分となると、1/125(1段)→1/60(2段)→1/30(3段)→1/15(4段)となり、
   手持ち撮影ではかなり厳しい~。素直にISO400のフィルムを使って2段分稼ぐしかないですね。)

●快晴や反射のキツイ場所では1~2段分、受光量を減らす。
 (→スメナの場合はF16が最大絞りなので、ギリですかねー。。場合によっては減光フィルターが必要ですね。)

一応、これだけ覚えておけば、なんとかなるかなーと。
あとはSSと絞りとフィルム感度の組合せを決めるだけ。。
とはいっても、まだしばらくは暗算しながら露出を決める仕方が続きそうだ。。

DSCN0932.jpg


左から、Nikomat FT2、Nikon FE、Lomo Smena Symbolの順。
いかにLOMOがデカイかがお分かりになるかと。。
広角で撮っているのでやや大きめに写ってますが、実際に見ても重量級のFT2と大きさの印象はさほど変わりません(爆
真中のFEが小さなカメラに見えてしまうほどです。
まあでも軽いので携帯するのはとても楽ちんです^^

本日撮影したものは、来週上がってきます。。
さて、はたして、まともに写っているのかどうか。。
thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。