青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

FUJICA ST605Ⅱ 


OLYMPUS XZ-1

手癖でポチり。。
ジャンク1,000円。。
蓋をあければ完動良品。。
これだからヤフオクは奥が深い。。

FUJICA ST605ⅡFUJINON 55mm F2.2
フルマニュアルの機械式フィルムカメラ。
当時オリンパスOM-1などの小型一眼が全盛のころ
ひそかに?フジフィルムから発売されていた廉価版小型軽量一眼。
清掃のためちょっと分解してみたけれど。
まあー丁寧に作られていること。。
ミラーボックス内は内部反射対策で全面植毛紙が貼られている。。
ニコンの中級機(FE、FMなど)でもそんな処理はされてなかった。。
スペックは中途半端だけれど(SSの上限1/700、下限は1/2&B)
実用重視の好感のもてるカメラだ。
マウントはM42。
スクリュー式ってレンズ装着する時の感触がとても滑らかで好ましい。。
東欧やロシアあたりの安価なレンズをつけてみようかと画策中。。

P7040380-2.jpg

これでフルサイズとハーフサイズのそれぞれの機械式カメラが揃いました^^
このすっきりとした充実感はなんだろう。。
フジノンレンズのブルーのコーティング、とても美しいです。。

P7040365-2.jpg
OLYMPUS XZ-1

thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。