青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

親父 





2014022803.jpg
Kyocera WX04K(DIGNO)


郷里には、今年で77になる親父がいる。
ありがたいことに年齢のわりにはすこぶる健康で、シルバーセンターの仕事や近所の人たちの日曜大工に精を出し
元気に過ごしているようだ。

昔から自分で作ったり修理するのが大好きな「モノづくり系」。
自宅の車庫を廃材を使って一人で建築したり、車のエンジンやミッションを載せ替えたりするくらい。。

そんな親父が次なる挑戦をはじめたらしい(笑
革縫製用のミシンを買って、革細工に励んでいるとのこと。
田舎は革の端切れが手に入れにくいらしく、いろいろ探しているとのこと。
僕の職場の近くには革問屋がたくさんあって、激安の革の端切れがいつも店頭に並んでいるから
今度買って送ろうと思う。

僕が若いころは、親父の頑固で臆病でコミュニケーションべたなところが嫌で
あまりまともに話した記憶がないのだけれど
年老いてもやれることを精いっぱいやって元気に生きている親父のことを想うと
幸せな気持ちでいっぱいになる。

若いころ、あれだけ親父のことを批判していたくせに
なぜか今僕がやっている写真や、車好きなところは、実は親父の趣味でもあったりする不思議。
趣味も遺伝するのかな。


thread: ある日の風景や景色 | janre: 写真 |  trackback: -- | 本文: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。