青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

えっ!? 





あいかわらず体調が薄皮を一枚一枚剥がすような感じでしか回復しないのがもどかしい。。

それでなぜか自分でもよくわからないのだが、ここ1週間ほどYOUTUBEで僕の尊敬するドラマー達の古今のプレイをかたっぱしから視聴しまくってましたぁ。
特に僕が若いころに最も親和感を抱きつつ敬愛していたドラマーの故 青山純さんのプレイを!

やっぱり青山純さんのグルーブは、よかった。。
空間すべてを共鳴させるようなシンプルで分厚い響きと、それでいてタイトでめちゃ曲をグルーブさせるしっかりとボトムを抑えたビート。。
やっぱりこの人はすごいドラマーだったな―、やっぱり凄い人はものすごい集中力で生きているからはやく燃焼してしまうのかなぁ、などといろんな想いを湧かせながら聴いておりました。。

で、やっと本題にはいるわけだが、青純さんをサーフィンしていたところで偶然めっけたのがこの「ジャンクフジヤマ」というボーカリスト。
(このバックのドラムは青純さんじゃなくて村上“ポンタ”秀一しぇんしぇい)

とにかくあいた口がふさがらないほど山下達郎の若いころの声にそっくり!
つーか、最初見たとき何かのモノマネ番組のいちシーンかとマジで思ったくらいによく似ている。
曲調もスパークルのジョーク的なアレンジ!? と思うほどタツローチック。。
しかもまだ20代というからなおさらびっくり!

いやー、こんな方がいつのまにか顕れてたんですねー。
たぶん知らなかったのは僕だけで、巷ではあたりまえに知名度のあるアーティストなのかな?なにせここ20年くらいはまともに音楽を聞いてなかったからなー。

ということで、びっくりしてしまった勢いで記事あげちゃいましたと。

以上

いやー似過ぎだよこれ。。


trackback: -- | 本文: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。