青雀の散歩未知

未知なる日常のあれこれ綴り。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | 本文: -- | edit

摂取過多のリスク 







またまた摂取過多に関連して。

マーケティングというのは、簡単にいえば「洗脳」である。
人々のニーズを的確にとらえ、とか説明しているけれど、実はニーズそのものを意図的に喚起させコントロールするしくみでもある。

注意を惹くような情報を発信し、人の関心を喚起し、欲望の域に関心が強まるまで刺激をし、その記憶を定着させ、最終的に購買というアクションを起こさせる心理的手法。
テレビやネットで発信されている商業系のコンテンツ、宣伝は、このほとんどが上記のセオリーに準じているといってもいい。
つまり自分の意志で好みを決定し、購買行動しているつもりでも、実は普段触れている情報に洗脳されているだけで、心理運動を無意識のうちに情報でコントロールされている場合が多いのである。

マスメディアが流すニュースだって、そうである。
世界や日本で起きている様々な出来事の中から、ほんの一部を選択して報道しているのが実際。
例えば、政治的なコントロールを目的に、発信する情報で人々の心理を満心させたり不安にさせたりというのは朝飯前なのである。

精神世界系の情報もリスキーである。
「自分を変えたい」「世界を変えたい」という根源的な人間の欲求(欲望)を対象にしているため、尽きないマーケットであり、実は商売的には大変美味しいマーケットである。
情報の仕入れにはお金はかからないし、現在抱えている問題をすべて解決できそうな魅力的な世界観をうまく表現できて、それが達成できそうな手法を仕込めれば、あっというまにビジネスにできるのである。
美味しい言葉に魅せられ、最終的には瞑想セミナーで高額を払っている場合もそう少なくはないでしょうね。
だいたい高いお金を取るしくみのあるところは、目的は単純にそれです。最初はそうじゃなかったにしてもね。

テレビからネットの時代に入り、ユーザーが選択的に情報を選べるようになったので、昔に比べれば洗脳されにくい環境とも言えるが、実はそうでもないかもよ。
ネット上にもたくさんのトラップがあるし、何より選択的に情報を検索しているつもりのその欲求自体がすでに洗脳された欲望に起因しているかもしれないし、情報発信側では履歴などでターゲットユーザーを明確に把握できるため、ターゲットを特定したプッシュ型の情報発信で効率的に洗脳できるのである。

もちろん、そうでない情報だってたくさんある。
この情報過多の時代、発信されるものは玉石混淆。

だからこそ、情報を疑うことも必要だし
情報の摂取自体を抑えることも必要だと思うのだ。

情報にどっぷり同化していては直感が鈍ると思う。



thread: モノの見方、考え方。 | janre: 心と身体 |  trackback: -- | 本文: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。